6月 08 2016

世界初のED治療薬として知られているのが、ファイザー製薬が開発したバイアグラですが、
その後2003年にアメリカ製薬会社であるのイーライリリー・アンド・カンパニーが開発した、ED治療薬のシアリスも世界的に愛用者が多い人気薬です。

シアリスを日本国内で購入するには病院やクリニックで医師の処方箋が必要となりますが、この際に医師に決められた用法・用量をきちんと守らなければいけません。

シアリスには5mg、10mg、20mgの3種類があり、この中でどのシアリスを服用するのかは医師の診断によって決められます。

ちなみにシアリスの5mg、10mg、20mgとは、シアリスの有効成分である、タダラフィルの配合量を指す数字で、5mgより20mgの方が強い効果が期待出来ますが、
その分副作用も強いため、医師に決められた量や飲み方を守ることが重要です。

シアリスを服用する場合1日1錠と言われていて、3時間程度で、血中濃度のピークを迎えることから、性行為の3時間前の服用が効果的だと言われています。

シアリスを飲む患者

バイアグラやレビトラとは違い、成分含有量に応じて効果が20~36時間程持続し、一番タダラフィルの配合量の多い20mgのものでは30~36時間程度持続するのですが、シアリスは40mgまで服用しても問題ないので、24時間時間を空ければ、前の効果が残っていても服用しても良いみたいです。

シアリスを効果的に服用する飲み方としては、出来るだけ空腹時に服用することが重要です。

出来るだけ空腹時に服用することで、効果が長くおだやかに続くことから、バイアグラやレビトラと比較しても、食事による影響が少ないED治療薬と言えます。

逆に食後に服用することで勃起効果は低減されてしまいますので、シアリスの効果的な飲み方としては空腹時の服用が効果的です。

ですので、効果的な飲み方としては、食前の空腹時に服用するのが効果的な飲み方で、早めに服用しても効果が長く持続しますので、実際に性行為をするタイミングが、少し後だったとしても、十分に効果を実感することが出来ます。

ちなみにシアリスを服用した後に食事をする場合、少なくとも30分以上は時間を置ける必要があり、きちんと食事までの時間を空けることで、シアリスの成分がきちんと体内に吸収されます。

ED治療薬には現在、多くのジェネリック医薬品が販売されていますが、シアリス、バイアグラ、レビトラと同じ有効成分を配合してはいますが、
それ以外の成分も全く同じではないので、シアリスのジェネリックとシアリスを比較した場合でも、やはり効果は全く同じとは限りません。

5月 13 2016

世界中のEDで悩む人たちの悩みを解消する夢の薬が発売されたのが1998年のことでしたが、この年、ファイザー製薬から発売されたバイアグラによって、製薬業界に新たなトレンドが生まれました。

バイアグラとは勃起不全を解消する治療薬で、勃起不全のことを英語では「Erectile Dysfunction」と呼ぶことから、頭文字を取ってED治療薬とも呼ばれています。

その後バイアグラの画期的な医薬品に追随して、ドイツの製薬会社のバイエルからはレビトラ、アメリカの製薬会社イーライリリーからはシアリスが発売されました。

その後バイアグラのジェネリック医薬品や、レビトラ、シアリスのジェネリック医薬品も、世界中で発売されましたが、それぞれ薬の効果がバラバラなので、人によってどの薬が一番合っているかというのも人それぞれだったりします。

なぜ人によってバイアグラ、レビトラ、シアリスに相性があるのかというと、このバイアグラとレビトラ、シアリスはそれぞれ有効成分が異なりますので、この成分の違いもあって、飲み方や効果が持続する時間も異なるのです。

edに悩む男性

有効成分は、バイアグラはシルデナフィルが主成分で、レビトラの有効成分はバルデナフィル、シアリスの有効成分はタダラフィルが配合されていて、それぞれ異なった成分なので、副作用も異なります。

シアリスの副作用については国内で調査した結果、シアリス錠5mg~20mgの総症例257例中、27.2%にあたる70例に副作用が認められたそうです。

このシアリスの主な副作用の27.2%のうち11.3%が頭痛の29例で、潮紅が5.1%の13例、ほてりが3.5%の9例、消化不良が2.3%の6例だったそうです。

ちなみに海外で行われた臨床試験の副作用では、シアリス錠2.5mg~20mgの総症例2047例中29.3%の599例に副作用が認められ、
その内訳としては12.6%が頭痛の258例、消化不良が6.8%の139例、
背部痛が3.1%の63例、筋痛が2.8%の57例、潮紅が2.5%の51例、
鼻閉が1.7%の35例、四肢痛が1.7%の34例という結果だったそうです。

こうやって出た副作用を比較してみると、日本で確認された副作用が、
頭痛、潮紅、ほてり、消化不良で、海外で確認された副作用としては、
頭痛、消化不良、背部痛、筋痛、潮紅、鼻閉、四肢痛なので、共通しているのは、
頭痛、潮紅、消化不良ということになります。

つまり、シアリスを服用した場合、起こりうる可能性のある副作用としては、頭痛、潮紅、消化不良の可能性があり、次に可能性があるとしたら、ほてり、背部痛、筋痛、鼻閉、四肢痛などが考えられると言えます。

5月 13 2016

1998年に世の中を震撼する驚くべき医薬品が、ファイザー製薬より発売されました。

その薬の名はバイアグラといい、この医薬品の登場で製薬業界のみならず、多くの人たちがこのジャンルに注目したと言っても過言ではありません。

このED治療薬をファイザー製薬が発売し、全世界で爆発的に売れたことから、世界中の製薬会社が、このED治療薬の開発に乗り出しました。

2003年にはアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニーがタダラフィルを有効成分とするシアリスを発売し、ドイツの製薬会社であるバイエルがバルデナフィルを有効成分とするレビトラを発売され、現在では多くのED治療薬のジェネリック医薬品も販売されています。

日本でバイアグラを購入する場合には医師の処方箋が必須なのですが、医師の処方箋を手に入れるためには当然、クリニックでの受信が必要となります。

クリニックで受信し、医師から処方された処方箋によってED治療薬を薬局で入手出来ますが、その際に国内で取り扱われているバイアグラの量は25mgと50mgがあります。

そしてレビトラとシアリスはそれぞれ5mg、10mg、20mgが出ていますが、5mgは取り扱っていないクリニックも多いのが現状です。

そして気になるのは、それぞれを服用することでどれくらいの時間、効果が持続するのかということですが、効果は人によって違うので、一概に必ずこれくらいの効果が表れますということはなく、むしろ人によっては効果が出ないこともあるそうです。

シアリスを使う前の悩む男性

それはどういうことなのかと言うと、バイアグラやシアリスといったED治療薬は、あくまでも勃起効果を促す治療薬なので、人によって効かなかったり、持続時間にもバラつきがあるそうです。

それでもバイアグラは25mgや50mgの複葉で最低5時間程度の効果があり、レビトラは10mgの複葉で最低5時間程度、レビトラの20mgの場合、最大10時間程度の効果が期待出来るそうです。

そしてシアリスの場合、10mgで20~24時間、20mgで30~36時間の効果があると言われていますが、飲み方やタイミングを守らなければ、効果を発揮しない場合もあります。

バイアグラの場合、服用のタイミングは性行為1時間前と言われており、空腹での服用であれば、30分程度で作用すると言われています。

そしてレビトラの場合、性行為1時間前に服用するか、空腹時であれば服用20分程度で、効果が出ると言われています。

そしてシアリスの場合、食事の影響は受けにくいので、性行為3時間前に服用するか、空腹時、または食後2時間後の服用がオススメです。